転職の方法について

 転職をするビジネスマンが増えていますが、では転職する人たちはどのような方法で転職先を探しているのでしょうか。その方法は、次の3つが考えられます。ヘッドハンティング、人材紹介会社に登録する、インターネットの転職サイト・ハローワークで仕事を探すという方法です。

 ヘッドハンティングの多くは、企業のトップレベルの人材になるため、一般的には難しい方法です。次に、ある程度キャリアやスキルがあるビジネスマンに有効なのが、人材紹介会社への登録です。まずは紹介会社へ職務経歴書を提出し、そこで希望条件などを伝え企業を紹介してもらうのです。紹介会社には、IT系に強い会社や外資系を専門にしている会社などあるので、事前に情報を収集してから登録するといいでしょう。紹介会社を利用するメリットは、自分に合った会社を担当営業が厳選し紹介してくれることや、面接が進む上で出てくる給与交渉をしてくれることです。最後に専門スキルや経験があまりない人は、転職サイトやハローワークで探すという方法になります。もちろん紹介会社に登録することもできますが、なかなか仕事の紹介がないのが現状です。

 このように転職方法はいくつかあるので、まずは自分のキャリアを見直し、どのように転職活動を行うかいま一度考えてみることが必要になってくるでしょう。